脳梗塞リスクマーカー検査

隠れ脳梗塞とは

隠れ脳梗塞とは、手足のしびれやろれつが廻らないなど自覚症状がない極小さな脳梗塞を隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)と言います。隠れ脳梗塞の方は脳梗塞の発作を起こしたり、認知症になりやすいといわれています。

脳梗塞リスクマーカーとは

微小な脳梗塞を生じたとき、脳の細胞が傷つくと血液内で高くなるアクロレインと、炎症物質2種(インターロイキン-6、CRP)の3項目を測定し、年齢と組み合わせて総合的にリスクを評価します。
*脳梗塞のリスク情報を提供するもので、脳梗塞を診断するものではありません。

脳梗塞リスクマーカーの特徴

隠れ脳梗塞は今まではMRI検査でなければ見つかりませんでしたが、脳梗塞リスクマーカーは血液検査で無症候性脳梗塞を約85%の確立で検出することが出来ます。 高価な脳ドックを受けるかどうかの判断をするのに役立ちます。

このような方にお勧めします

脳の健康が心配な方
50歳以上の方
血圧が高めな方
糖尿病、高脂血症の方
喫煙されている方
など

脳梗塞リスクマーカー検査

料金8,500円(税込)

検査実施日:月~金曜日 午前

お申し込み先

彩新会 予約センター
電話:03-3713-5800 E-mail:office@saishinkai.com

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

彩新会予約センター:03-3713-5800
受付時間:10時~18時(土日祝日除く)

頁トップへもどる
PCサイトに切り替え
スマートフォン向けサイトに切り替える