LOX-index検査(ロックス・インデックス)

LOX-index検査とは

脳梗塞・心血管障害の発症リスクを評価する検査です。

LOX-index(ロックス・インデックス)検査は、今後10年以内に脳梗塞や心筋梗塞になるリスクがどのくらいあるかを判断する検査です。その数値が基準値より高い人は低い人と比較して10年後に脳梗塞になった人が3倍、心筋梗塞になった人が2倍になることが分かったのです。

動脈硬化は悪玉(LDL)コレステロールが多いために起こると言われています。しかし、LDLが低いにもかかわらず心筋梗塞になった人が心筋梗塞全体の30%程度いるとの結果も出ています。
これは、変性LDLが血管内皮にあるLOX-1というたんぱく質と結びついて動脈硬化を起こすためです。LDLが低くても変性LDLが多い方は動脈硬化になりやすいのです。 この変性LDLとLOX-1の状態を見る検査がLOX-indexです。

LOX-indexは日本国内で行われた、約2,500名を約11年追跡した研究成果がベースになっております。
LOX-indexを測定することで、今までの血液検査や画像健診で捉えきれなかった血管の状態を知ることが可能になりました。動脈硬化の状態を数値化する事で、その結果を基に脳や心臓のより精密な検査を積極的に行ったり、生活習慣の改善に利用したりすることが可能となります。

こんな方におすすめします

  • ご家族に脳梗塞・心筋梗塞に罹った人がいらっしゃる方
  • 高血圧、脂質異常症、糖尿病に罹っており、動脈硬化が気になる方
  • 将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクが気になる方
  • 40歳以上の方
LOX-index検査サイト

LOX-index検査

12,600円(税込)

検査実施日:
月~金曜日 9:00~12:00 14:00~15:00
土曜日 9:00~11:30(KSPクリニックのみ)

お申し込み先

彩新会 予約センター
電話:03-3713-5800 E-mail:office@saishinkai.com

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

彩新会予約センター:03-3713-5800
受付時間:10時~18時(土日祝日除く)

頁トップへもどる
PCサイトに切り替え
スマートフォン向けサイトに切り替える