当院の沿革

当社団のテレコムセンタービルクリニックは、臨海副都心唯一の医療機関として1996年7月に開院、1997 年3月には医療法人社団 彩新会が認可され、「医療法人社団 彩新会 テレコムセンタービルクリニック」として改組されました。
2007年7月にはKSPクリニックを川崎・溝口に開院いたしました。いずれのクリニックも地域に勤務される方々、居住される方々の病気の治療に当たってまいりました。
診療経験が豊富な医師を擁して、職場の近くにあって、広い診療範囲をカバーできる医療機関を目指しております。

開院と同時に企業検診・産業医としての活動も積極的に行い、さらに新しい健康管理システムを目指して、受診される方にフレンドリーな検診、人間ドックを企画して、地域の企業の皆様のご信頼を得てきております。
検診は単に行うことに意義があるのではなく、その結果に基づいた健康管理の策定が重要です。
健康診断の結果を受診者の方々それぞれが有効に利用し、自分の体の弱点を知ることによって、有病率の低下に結びつけたいというのが願いです。
更には、医師としての立場から企業に働く方々の健康管理を行って、職場ぐるみの健康増進に役立ちたいと考えています。

また、理想医療、先進システムの開発の場としても活動し、デジタルファイリング、電子カルテなどの新技術にも積極的に対応を始め、報告書類の作成にも工夫を凝らしております。

診療時間(月~金)

午前
  9:00~13:00
午後
14:00~18:00

休診日:土曜、日曜、祝日

初診の方はご利用下さい。

診療申込書ダウンロード

個人情報を保護する観点から、電話やメールでの検査結果の回答や診療内容のご相談は致しませんので、御了承のほどよろしくお願い致します。


PCサイトに切り替え
スマートフォン向けサイトに切り替える
copyright © Saishinkai All Rights Reserved. このホームページに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。